ホームステイ

浦和のトレセン活動の一環として毎年この時期開催される近県招待大会、仲本からは2名の選手が浦和東選抜として参加しています。そして、小田原選抜の選手をホームステイとして預かります。子供たちにとってはかけがえのない経験となり、また、お互い行き来することで遠征費用の節約にもつながります。しかし、父兄にとってはとても大変(>_<)

選手たちは感謝を忘れてはいけません。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    KATO (水曜日, 17 9月 2014 17:43)

    トレセン活動、
    以前はただの練習会だと思っていました。浦和東トレセンへ参加させて頂く機会を頂いた事で、団の外での違った経験をさせて頂いています。定期的な練習に加え各地の大会へ遠征し参加。浦和東地区9つの団からの選抜メンバーとなる為、新しい仲間に出会い、違うチームでの体験も得られます。
    8月の近県招待大会は浦和地区のトレセンが主催する大会の為、東選抜では昨年の小田原遠征でお世話になったチームの選手達の遠征先の宿としてホームスティを受け入れました。サッカー以外での付合い、出会いがあり、父兄の負担はありますがそれ以上に子供達にかけがえのない体験をさせられた事、こうした企画を運営して下さる方々がいらっしゃるから継続出来ている事など、多くの事を学びました。
    トレセンはただの練習会ではないですね。サッカーを通じた人間形成にも大きな機会を頂けています。振り返ると、仲本少年団を始め各サッカー関係の方々への感謝感謝ばかりです。ありがとうございます。

体験入団案内は

ユニフォ-ムをクリック

↓↓↓